FC2ブログ
かんちゃんの気になる記

  トップページ > 2008年03月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンティーク

2008 - 03/28 [Fri] - 05:23











384927691_225.jpg まいどっ!


スポンサーサイト

愛し合った日々、そして…

2008 - 03/27 [Thu] - 07:21

【長文にもホドがある程、長文です。要注意。】









貴方と出逢ったのは、8年前の春。
友人の紹介で私は、貴方に逢う為にドキドキしながら行ったっけ。

駐車場の片隅にいた貴方は
何処か場違いの様な照れ笑いで私を迎えてくれた。
見るからに屈強でそして丸く愛らしい貴方の目に一目惚れした私は
早速ながら貴方の手を握り、
「お付き合いさせて頂きます」とお答えしたわ。

友人から貴方の事を色々聞いたけど、
そんなのお付き合いしてみなきゃ判らない、と踊る心を抑えたっけ。


久しぶりに積極的な自分が現れ、
「まずは何処へ行く?」と貴方に話し掛け、
そしてグイグイ推し進める私に貴方は付いて来てくれた。
私の行きたい所へ、いつだって何処までも、連れて行ってくれた。



お付き合いを始めてから1年が過ぎようとした頃、
貴方は本性を表し始めた。

屈強そうな外見とは裏腹に、少し内臓関係が弱っていたみたい。
時折高熱を出し、ウンウン唸り、私を困らせた。
心配だけど私だけの力じゃどうにもならない。
だからすぐに入院させたわ。

オペを受け、元気になって戻ってきてくれた貴方の所持品から、
以前お付き合いしていた方らしき名刺が見付かった時、
解っていた事とは言え、ちょっぴりヤキモチ妬いたっけ。
でもね、そこにあるのは男の人の名前だったから、
深くは聞かなかったけれど、正直、複雑だったわ…


忘れましょ。過去の事は。
これからは私が大事にしてあげる。私と一緒に、ずっと、居てね。
そう言うと貴方は一気にテンションを上げて、
また私を色んな所に連れて行ってくれたわ。


貴方と一緒にテレビなんて見れなくていいの。
二人で小川の流れる音を聞くのが大好きだったわ。

誰かに進む道を教えて貰わなくても、
二人でその時決めた道を行くのが、私は好きだったわ。

そして決して足早では無かったけれど、
私にはいつも、心地よかった。






2年目の夏、貴方の熱は数日間下がらなかった。

それでも私には、どうしても貴方が必要で、
心の中でゴメンと呟きながら遠い地の山上現場へと向かった。

うちわで貴方を扇ぎ、外の空気を沢山吸って貰い、
何度も唸らせながら何とか到着した頃には、
私にも熱は移り、水分の補給が追いつかない程、
二人で大汗かいて朦朧としたよね。
今ではいい思い出ではあるけれど、
あの時は本当に無理をさせてごめんなさい。辛かったでしょう…
でもね、貴方の入院費を用意する為には致し方なかったのよ…





貴方はまた私の元へと帰ってきてくれた。

本当によく帰ってきてくれたわ。
もうダメなんじゃないか…って寂しい時間を過ごしたよ。

貴方に包まれた時、猛暑を思わせない位、
見違える程、ひんやり心地よかったわ。
大きなオペだったので暫く大熱は出さなくて良さそうね。
そんな予感も大当たり、
いや、貴方が私の為に頑張ってくれたから、よね。
ありがとう。


少しずつ体力を取り戻し、私はまた、貴方と歩む事を誓った。
貴方の為なら入院費なんていくら掛かったっていいわ。
また貴方が私を包んでくれるのなら。



貴方には、沢山のトモダチを紹介したよね。
よく笑うトモダチ、よく喋るトモダチ、泣き語るトモダチ…
音楽が好きなトモダチ、タバコを吸うトモダチ…
みんな楽しく良い人ばかりだったでしょう?

時々、貴方の事を、
「年下なのに老けてるね」だとか
「ちょっとダサくない?」なんてバカにする人も居たけど、
そんな事を言う人には、
「別にアンタに付き合ってあげてって言ってる訳じゃないでしょ?」
って、流し目一発食らわしながら捨てゼリフ散らしてきたからネ。
私には貴方が可愛くて愛おしくて仕方なかったんだから。


そんな私の気持ちが伝わったのか、
ある日貴方と居る時、後ろから突然暴力を振るわれた事があったよね。
貴方はその時、身をもって私を守ってくれたよね。
貴方はビクともせず、少々のかすり傷程度で済んだし、
相手は自ら向かってきたクセに、クチャクチャになってたもんね。
さすがだわ。その屈強なボディは、本物だったわね!
本当にたくましく素敵だったわ!



でもそれをきっかけに、実はまた内臓の病気が悪化してきたんだよね。
以来、幾度となく入退院を繰り返してはまたお付き合い…

今までは、いくら痛くても熱が下がらなくても、
ほぼ無言で戦っていてくれたけど、
貴方が体に付けていた万歩計、見れば20万弱の数字。
さすがの貴方も疲れが見えたのか
本当に声をあげて、それは痛そうに、泣き続けたよね…
極限状態だったよね…。
共に止まって様子をみて、貴方が泣きやむのを待って…

もう薬も効かなくなり、末期だと診断されて、私も辛かったよ。
今度入院する時はきっと永遠だな…と
寂しいけれど私もいよいよ腹をくくる時が来たみたい。




心残りが一つだけ。
貴方に隠していた事があるの。今だから言うわ。

貴方が定期検診で入院している間、
どうしても貴方の様な存在が必要で貴方の帰りを待てなくて、
お金を払ってまで、その日限りの別の方と過ごしてしまったの…。
ごめんなさい…

だけどやっぱり、貴方に勝る方は居なかったわ。
本当よ。貴方には叶わない。
貴方にとって失礼な事をしておきながら、こんな事を言うのも何だけど、
私は浮気は出来ないタイプなの。いつでも本気なの。
だからね、貴方という存在がありながら、貴方が入退院を繰り返す間に、
本気になれる筈もない方とはもう過ごせない。
辛すぎて、もう出来ないよ…

でもね、貴方の様な存在は、いつでも私の傍に居てくれなくちゃ、
私はこの先、生きて行けないの…




だから…




9年目の春を迎えてしまう前に、




思い切って、貴方にサヨナラを言うわ。







本当に本当に、よく考えた結果よ…。










3月25日火曜日


暖かく明るい空の下、
貴方の服を一枚ずつ脱がしていったわ。

こんなに日焼けしちゃってたのね。


伸ばしていた爪を短く切って、
貴方の体を丁寧に洗ってあげたわ。

ふと見た手が真っ黒…。汚れてたんだね。ごめんね。



貴方の体の中を、隅々まで綺麗にしたわ。
足の裏も、お尻も、前も…。



最後に貴方の体を拭きながら

「8年間私を守ってくれて本当にありがとう。」
「さようなら。元気でね。」
「大好きよ。」
「忘れないから。」

「ありがとう。」


「ありがとう。」




「・・・。」





何度も呟きながら、
溢れ出る涙をぬぐいながら、
貴方と触れ合い、
優しく撫で続けたわ。






3月26日水曜日


私は独りで仕事に出掛ける。
貴方は独りでお留守番。


帰りは少し遅くなるけど、いつもと変わらず待っててね。


そう言えば…
貴方はお酒が嫌いだから、お酒だけは一緒に呑まなかったよね。
私にとってそれは非常に残念な事ではあったけれど、
もし貴方と一緒に呑んだなら、
きっと私は、トンデモナイ事になってしまうって判っていたから…
もう貴方と逢えなくなるって、判っていたから…



でも、今夜は一緒に、呑もう!
私の最後のワガママに付き合って。
だけど貴方は、決してそこから少しでも動いちゃダメよ。
貴方を動かしたり、決してしないから。

静かに、音を立てず、風の音だけを聞きながら、
貴方と過ごした8年間に、乾杯しよう!









3月27日木曜日


とうとう来たよ…、本当にお別れの日が。


でもね、貴方と出逢った8年前のあの場所で
貴方は、紹介してくれた人の元に帰るの。
貴方も知ってるでしょう?その人がどんなに親切な人か。
だから、安心してね。


さぁ、行くよ!最後のドライブ!
涙で前がよく見えなくなりそうだけど、
貴方も私と出逢ったあの場所まで、頑張って!!
最後まで二人きりで仲良く、ね。

泣かないで…ね。







本当にありがとう。
貴方との起伏ある生涯、本当に楽しかったよ。
忘れないからね。



もう貴方と手を握り合う事は出来ない。
もう貴方の声も聞けなくなる。




でも、魂だけはこの先もずっと一緒だ、って、






信じてるから。







またいつか、巡り逢いましょう。



















私の愛した「フォルクスワーゲン・ゴルフ2様」へ

Love_golf2.jpg



雨のコムズガーデン

2008 - 03/23 [Sun] - 01:32

京橋コムズガーデンで歌って参りました~!
本日はシモンズで出演。


昼間から、ずぅっとやってるイベントのトリ。
本番は夜、久々の野外です。
「夜の野外」といえば…
ライトに向かって飛んでくる虫との格闘が過ぎるのですが
シーズン的にもその心配も殆どなく、
シーズンといえば花粉も「生憎」と思っていた今日の雨がそれを解消!
な~んか、うまく回ってるかも世の中!と思える本日でした。



しかしスタッフの皆さん、一日中雨の中ご苦労様でした。
そして、雨にも関わらず集まって下さった沢山のお客さん!
急遽張られたテントの中は勿論、テントの外まで本当に沢山、
有り難うございました!


いつもお世話になってるイベント会社の社員さんも
「いつも通り」私をいじくり倒して下さって(笑)
楽しかったです。いやマジで(笑)



だってね…
本番直前、喉を温めようとケータリングコーナーに向かうと



「かんちゃん、味噌汁入れたろか~?」



って、なんで本番直前に味噌汁やねんっ!喉乾くわっ!!
ちゅ~か、そこにホンマに味噌汁あるし…(笑)


…みたいなやり取りを、ずっと(笑)



お陰様で、雨の肌寒さも忘れ、楽しい一日となりました♪





さて。
私も来月のピンステージ、頑張らなくちゃね~っ。
皆様のお越しを心よりお待ち申し上げま~す!
き・て・ねっ!!


4/19(土)かんちゃん& EFT LIVE!

【出演】
Vo:井澤和美
Gt: 福田晃一
Ba: 竹内一宏
Dr: 江森文男

Guest:コーラスユニット「Are You Style?」

【場所】
Live Bar D3(ディースリー)
地下鉄御堂筋線「西中島南方」or阪急京都線「南方」下車徒歩5分
地図


【時間】
Open 18:30
Start 19:30~ (2ステージ入れ替え無し)

【料金】
Charge:¥3000(飲食・別途)


【ご予約・お問い合わせ】
コメント欄またはホームページ記載のメールフォームにてお待ちしております♪








PS
「星の・・・」さんへ

前記事の拍手コメント欄に素敵なコメント有り難うございました!(^^)
ホームページ&グログは検索して下さったのでしょうか?
有り難うございます!

しかし拍手コメントは、どうも見落としてしまいがちなので、
失礼を起こしてしまう前に一時閉鎖しますと共に、
こちらへお礼申し上げます♪
また記事への直接コメント、BBSどちらもお待ちしておりますネ♪

朝型の人と一緒に住みたいです。

2008 - 03/22 [Sat] - 06:31

あ~あ…

またやってもぅた。



6時半ですやんか。








夜、王子様が現れて

「おい、寝るぞ

とか言われたら、
きっと治せるかもしれん、この超夜型生活…。





おっと、さすがの私も沸いているようだ。







眠気、飛んでもた。
今日はもう起きとこ…。

運転免許、返納

2008 - 03/19 [Wed] - 05:57

先日、ちょいと用があって警察署に行った時…


隣の窓口には、運転免許更新の為の視力検査機。
推定70歳前後のご老人サマが検査機の穴に目を当てていた。
カウンターの向こう側からは

「○○さん、光ってる所、どっち開いてますかぁ?」

と、視力検査ならではの問い掛け。

私は自分の用事を進めながら担当の方とそこそこの話をしていたのだが
その間1~2分は経っていただろうか。そこへ聞こえたこのセリフ。





「○○さぁ~ん!聞こえてますかぁ~?」




…って、聞こえてへんかったんかぃ!!(・д・ノ)ノ





あまりの大声に待合いに居た人、全員注目。
その光景は必死に穴を除き続けるご老人サマには届くはずもなく
ただひたすら、職員さんの問いかけを待っているご様子。

再度カウンターから「○○さぁ~ん!!」と叫ばれたその時、
ご老人サマ、








「・・・。え?!」





って…、今やっと聞こえたんかいなっ!!(・д・ノ)ノ







そして、この声量なら聞こえるのね、と把握した職員さんが
更に「どっち開いてますかぁ?」と問い掛ける。





しばし無言の微妙な空気。
どちらが開いてるのか見えにくく黙っているのか、もしくはまさか…
恐らく、そこに居た私を含める見知らぬ人達は、
心が一つになる瞬間を感じた事だろう。












そして、ご老人サマはお約束通り…








「はぁ?!」










ってオイ! (・д・ノ)ノ





そんなトボケて「はぁ?」言われても…
「はぁ」やあるかぇ「はぁ」や…(ΘoΘ;)







お、おじいさん…
もう運転したらアカンで、いや、ホンマに。
とりあえず、そこまで視力も聴力も満たなければ更新は出来ないだろうが
万が一更新出来たとしても、乗らんといて欲しいねぇ。
身分証明的に持っておくのは結構かもしれんが。



私はね、ご老人サマをバカにするつもりなんて無いの。
むしろ、ご老人サマは大好きよ。
だけどね、免許、もう返そうよ。
お願いだから車、乗らないで。
せっかく日本のエエ時代を歩んで来られた一番頼もしい年代の方だから。
せっかく長生きしておられるんだから…。

このニュースをご覧頂ければですが
こういう事実施してる所もあるもんね。


危ない綱渡りよりも
エエ時代の体験談を、しかと後世に繋げる方に語り歩いて頂きたいもんです。

ボチボチ作業。

2008 - 03/15 [Sat] - 17:13

★過去記事、ボチボチ埋めてます。

つ~か~れ~た~

2008 - 03/11 [Tue] - 04:04

ほんっっっっっまに疲れた~!

明日もハードだぁ~~~!

頑張れワタシ~~~~!!!

アナタも頑張れぇぇぇぇぇぇ~~~~~!!!



いぇーい。






…あ。壊れてる…。(-。-) ボソッ

エミちゃんに教えて貰った事

2008 - 03/09 [Sun] - 03:28

夜中、訃報が届きました。


「余命一ヶ月」と告げられてから、彼女は何年を過ごしただろう。



私の中では、彼女の笑顔と、くったくのない笑い声しか記憶に無い。



髪の毛が抜け落ちても、私のステージアイテム顔負けのウィッグを被り、
そして「見て!コレ本物みたいやろ!」って笑って話し、
「でもホンマはこっちが本物や~!」って、ウィッグを取ってみせた。
明るく笑顔でね。



そんな彼女だから、
常に前向きな彼女だから、
医者の宣告を遙かに超える年月を生きる事が出来たのだと思う。


周囲の反対を押し切って出した彼女の答えは、
決して間違ってなんかないし、結果、大正解だったと思う。
無事に産まれてきてくれた二人目の命が、
彼女の寿命を、うんと延ばしたんだと思う。
あの子が産まれてなかったら もしかしたら
2008年のエミちゃんは居らんかったかもしれん。





エミちゃんが作ってくれた鍋、愛情こもってたなぁ…
誰をも差別しない、彼女特有の愛情が。

その帰り、高速道路走行中、タイヤがバーストしたんやったなぁ…
車もヤキモチ妬く程、あの日は楽しかった。
あの日に初めて使用した発煙筒、まだ補充してへんわ。
何年経っとんねん。(^^;)






連絡貰って4時間くらい経った今、
ちょっとだけな、ちょっとだけ…寂しいわ。
まだ信じられへんのやけどな…

あの笑顔がもう見られへんのがなぁ。








エミちゃん有り難う。
沢山の事を教えて貰ったよ。




あんまし会えなかったけどなぁ




忘れへんで。エミちゃんの笑顔。
私のな、少ない財産の中の一つやで。
ありがとうナ!

はぴばすで。

2008 - 03/08 [Sat] - 16:49

ここは半年にいっぺん、生徒さんが増えたり減ったり。
長年継続してらっしゃる方も沢山。

私が勤める前からいらっしゃる方も、
ついこの間の10月に入ったばかりの方も、
その時の一曲を通して仲良くされています。



そんな生徒さん達が、今年もレッスン終了時に歌ってくれました。


ハッピーバースデー。


混4声で、レッスンの時よりも大きな声で。


・・・感激です!・゚・(Pд`q。)・゚・




そして丸ビル30F、夜景の見えるバーの一室で
ご都合OKの生徒さんが集まってくださり、
改めてバースデーパーティーをして頂きました。


私は幸せモンです。本当に…。




幹事をしてくれた生徒さんは、実はこの日がご自分の誕生日!
…にも関わらず、もう過ぎちゃった私の誕生日を祝ってくれました。
すまんのぅ~…ありがとねぇ~…幸せだよ~…・゚・(Pд`q。)・゚・




また4月からも楽しく歌いましょうねぇ♪



最後に出てきたケーキ!花火付いてたヨ!(^^)


DSCF0008_convert_20080315170131.jpg


DSCF0009_convert_20080315170202.jpg





★みんなでハイっ!(画像はちょっと小さめにしときます♪)


DSCF0007_convert_20080315170901.jpg






みなさん~、有り難うございました!(*´▽`)ノ

ヒエロニムス・ボス「快楽の園」

2008 - 03/07 [Fri] - 04:51

【3/7 本文後日更新します】

【3/9 ちょっとだけ更新します(^^;)】







以下は全て、一つの作品。




★表紙はこの様になってます。

kairaku_4.jpeg




★開くと…

bosch_garden00.jpg




★左にはエデンの園

kairaku_2.jpeg


★中央は快楽の園
kairaku_1.jpeg


★右には、地獄。
kairaku_3.jpeg

想像してみてください。

2008 - 03/06 [Thu] - 17:19


同じ道を行く、デジャヴのような現実を。


空と海が愛し合った結果を。







十数年前に書いた「想像の詩」が、その時目の前に現れた。

ありがとう

2008 - 03/05 [Wed] - 00:06

たっくさんの方々から、お祝いのメッセージを頂きました!
今年も無事、ひとつ歳を重ねる事が出来ました(^^)


本当に有り難うございました!




今年もまた精進して参りたいと思いますので、
ご指導ご鞭撻の程、宜しくお願い申し上げます。





12074475_4286562890.jpg

ザ・4連発!

2008 - 03/03 [Mon] - 03:59

【その1】

「お邪魔しますか?」っぽい。



369499302_131.jpg










【その2】

ちゃんとタオル持ってたんや…。


369178485_185.jpg










【その3】

…そら怖いでっ!!



368576949_220.jpg








【その4】

別人やろっ!!
個人差って何や~っ!!




367318015_38.jpg





…ふぅ。



4人乗りに11人!?

2008 - 03/02 [Sun] - 17:16

こんなニュース見つけた。


どんなタイプの軽四か知りませんが、4人乗りに少年が11人…
どないして乗ってたんやろ…
後部座席に3~4人ぎゅうぎゅう詰めに座ったとしても、残りは…
膝の上か?!
…少年達が?!

そらぁ~タイヤもハンドルも耐えられへんわな。
しかも飲酒運転で。


警察ビックリしたやろなぁ~…
現場駆け付けたら軽四から続々と少年が。
なんぼ程出てくんね~ん!!!って…
まるでドリフやがな!


とか言うてる場合でもなく、
バカな事は止めましょう。




~本文~

2日午前4時ごろ、宮崎県延岡市松原3丁目の国道10号で、県内の公立高校3年生の少年(18)=東臼杵郡=が運転する軽ワゴン車と、熊本市の運送業男性(39)のトラック(10トン)が衝突した。定員4人の軽ワゴン車には、運転手の少年を含め18歳の少年計11人が乗車していた。うち8人は、1日に卒業式を終えた高校3年生だった。少年たちは3人が重傷、8人が軽傷を負った。延岡署は、軽ワゴン車を運転していた少年から酒のにおいがしたことなどから、飲酒したうえで運転していなかったか調べている。

 調べでは、現場は片側1車線の直線。トラックの男性は「対向車の軽ワゴンがフラフラしていたためハンドルを左に切ったが、軽ワゴン車が中央線をはみ出してきた」と話しているという。少年たちは同じ中学校の同級生。

やはり!

2008 - 03/02 [Sun] - 17:02



黄砂予報だって。

こらまたマスク部全開でんな。



~本文~

気象庁は2日、同日夜から3日にかけ、東日本や西日本、沖縄・奄美地方の広い範囲で黄砂が舞うという予報を出した。屋外では黄砂が付着したり、交通機関に影響が出たりする恐れがあり、注意を呼びかけている。

 2日午後3時現在、中国の華北や朝鮮半島で黄砂が観測されている。予報によると、西日本や沖縄・奄美地方では、見通しの効く距離が10キロ未満になる見込みで、場所によっては5キロ未満になるとしている。

花粉か?黄砂か?

2008 - 03/01 [Sat] - 01:24




…鼻が緩~い感じです。(  ̄i i  ̄ )



…目が重~い感じです。(ΘoΘ;)



全体的にボヤ~ンとしております。




そんな中、今日は「0」をいっぱい数えました。
食欲がなくなる程、数えました。


ふぅ…。



そろそろ、腹をくくるかっ!


 | HOME | 

プロフィール

かんちゃん

Author:かんちゃん

カレンダー

02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

RSSフィード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。