FC2ブログ
かんちゃんの気になる記

  トップページ > 2008年05月11日  

狼少女、現る。

2008 - 05/11 [Sun] - 02:53

本日のレッスン先には年齢・実力によりクラスが色々ある。
そのうちの小学低学年生ばかり集まっているクラス内の少女Kちゃん。
いつも自分が一番目立っていないと気に入らない。


自分より可愛い服を着ている子がいると、チッと舌打ちしたり
自分より年下の子がキャピキャピ楽しんでいると、
ドスの効いた流し目一発くらわして、
「ちょっと、うるさいで自分!」と一喝したりする。


そんなKちゃん、本日は珍しく教室に居ない。
欠席かな?と思えば、これまた堂々と遅刻をしてきた上、
横一列に整列してるそのド真ん中に
両手で掻き分ける様に割り込んで来て一言、



「狭いねん!」







大幅に遅刻したので、なかなか流れに乗れない。
でも他の子は楽しそう。
もう既に出来上がってる教室の雰囲気に大きく不服の模様…
これはまた何か言うで…と思った矢先。






「先生、目ぇ痛い。」






出た。


「見せてみ」というと、







…隠す。








はっは~ん。仮病攻撃?

ま、そりゃ~あんだけ他の子を頻繁に睨み付けてたら
目ぇも痛なるでアンタ。(笑)

“自分に振り向いて欲しい。”
そう思って付いた可愛いウソやとは思うけど、



「なぁ先生、目ぇ痛いって言うてるやん。何とかして?痛い痛い!ああ痛い!ヒリヒリする。ほら左目!左目が開けられへん。私の左目、絶対赤くなってるわ。ああ痛い痛い…」


なんて超ハキハキ言われちゃったら誰も心配せぇへんで(笑)

とりあえずKちゃん、
全員の注目を浴びて目立つ事になるのだが、
ものすごーく満足気。口元ニヤリとしてるがな。


思いっきり丸出しのウソ…。
丸出し過ぎて、ちょっとオモロイ。




致し方ない、
この子のウソに他の子のレッスンを中断する事は出来ない。
外へ連れ出そう。お母さんが待ってるはずだから。
ついでにお母さんの顔も見てやろう。


防音扉をグィ~!と引っ張ったその隙間から、Kちゃん猛ダッシュ。
トイレに入って、洗面で目をジャブジャブ。執拗にジャブジャブ。
紙タオルでゴシゴシ。何枚も抜き取ってゴシゴシ。
自分の手でもゴシゴシ。目ン玉潰れるで?ってくらいゴシゴシ。
そして、





「ほら。な? 先生、赤いやろ?」




そんだけしたら、赤くもなるわ。





いるはずのお母さんも何処かへ行って居らんし、
仕方ないのでスタッフに預けて

「Kちゃん、ここで待ってるんやで?何処も行ったらアカンで?
お母さんもうすぐ来てくれるからな。歌える様になったら
いつでも教室に戻っておいでな♪待ってるヨ~♪」


と、めっちゃ優しく頭を数回撫でてあげた。


するとKちゃん。
さっきの勢いは完全に治まって平常心を取り戻し、


「うん、わかった。」


と呟きながら濡らした紙タオルで、









右目押さえとんねん。

スポンサーサイト



 | HOME | 

プロフィール

かんちゃん

Author:かんちゃん

カレンダー

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

RSSフィード

ブログ内検索