FC2ブログ
かんちゃんの気になる記

  トップページ > 独り言 > 奇蹟。  

奇蹟。

2008 - 06/12 [Thu] - 00:24

こんなニュース。好きやぁ…。


奇蹟…という言葉も、起きるから起こるから、存在するんやんねぇ?
と、ふと思ってみた。
それはやっぱり偶然ではなく必然で、よねぇ?
神秘的…。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一日中太陽が昇らない「極夜(きょくや)」の暗やみにある真冬の南極・昭和基地で、北の水平線上に黄金色に輝く太陽が現れた。「幻の太陽だ」。49次南極観測越冬隊の隊員たちが驚いてカメラで撮影した。その正体は、蜃気楼(しんきろう)だった。

TKY200806120172.jpg


 気象担当の望月隆史隊員(34)によると、太陽が現れたのは今月2日午前11時半ごろ。この日、最低気温が零下36.2度まで下がったため、上部の暖かい空気と下部の冷たい空気に密度の差が生じ、水平線の下にある太陽の光が屈折して浮き上がって見えたらしい。

 太陽の横には氷山の蜃気楼も広がり、ひっくり返ったり、幾層にも重なったり、少しずつ姿を変えながら、1時間以上、水平線上に浮かんでいたという。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kininaruki2008.blog34.fc2.com/tb.php/115-f7e6103d

 | HOME | 

プロフィール

かんちゃん

Author:かんちゃん

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

RSSフィード

ブログ内検索